【全米オープン】カルロビッチのサーブ動画がやばい!錦織との身長差

カルロビッチ
Sponsored Link

全米オープンベスト16が決定し、錦織圭選手の相手はクロアチアのかるろビッチ選手に決まりました。

このカルロビッチ選手、世界ランキングでは14位ということで6位の錦織選手よりも格下の選手なのですが、サーブが化物級ということもあり、錦織選手くろうするのではないかな…。

カルロビッチ選手のサーブがどれほど早いか、是非とも動画で見ていただこう。
カルロビッチ選手はかなりの長身の選手でもあるので、そこも注意が必要です。

 

 

カルロビッチのサーブがやばすぎる【動画あり】

カルロビッチ

リオオリンピックが終了して間もないですが、錦織圭選手、全米オープンで着々と結果を残しております。

気がつけばベスト16ということで、次の対戦相手がクロアチア出身のカルロビッチ選手。

最高速が233km/hにもなるサーブを打つ選手で、典型的なビッグサーバーの選手なのです。

どれくらい早いサーブなのかは、動画を見たほうが早いかと思いますので、是非下の動画をご覧になってください。

速すぎて全然見えないですね(笑)

動画を見ての通り、錦織選手、実は過去にカルロビッチ選手との対戦経験があります。

対戦成績ですが、錦織選手の1勝2敗ということで、負けが先行している相手です。

このサーブを持ってしても、世界ランキングは14位で錦織圭選手のほうが上ですからね。
世界ランキング一桁の選手は本当にいい意味で化物の集まりなんだと思います(笑)

 

 

錦織圭とカルロビッチの身長差がありすぎる(笑)

Sponsored Link

カルロビッチ選手ですが、ビッグサーバーであるという特徴の他に、実はもう1つの特徴があります。

それはかなりの高身長で、身長が211cmもあるのです。

178cmの錦織選手と並んだらこんな感じ。

錦織圭,カルロビッチ

錦織選手も決して小さいわけではないですが、こうしてみると小学生親子ほどの差がありますね(笑)
40cmも身長差があるのです。

 

ひえ~(TдT)

というか、勝ち目ないんじゃね!?

 

そう思ってしまいそうにもなるのですが、錦織選手が勝つためのポイントとなるのは、自分のサービスゲームを落とさないということ。

相手がカルロビッチ選手のようなビッグサーバーの時は、自分のサービスゲームの重要度が一層増すんですって。

なぜなら、相手ビッグサーバーが相手の場合、相手のサービスゲームをブレイクする可能性がかなり低くなるから。

ん~答えは単純ですねっ(笑)

身長が高くて、サーブが速くてというカルロビッチ選手ですが、非の打ち所が全くないという選手ではなく、足は遅い選手なので、そこを利用して揺さぶっていけば勝機はあるようですよ。

オリンピックでは日本人としてテニス界に96年ぶりのメダルをもたらした錦織選手ですから、その勢いをそのままにガンガン勝ち進んでいって欲しいです!!

応援していますよ!!

 

Sponsored Link