サヘル・ローズの母と嘘。生い立ちや宗教が彼氏と関係しているのか

サヘル・ローズ
Sponsored Link

最近各番組で活躍中のサヘル・ローズさん。

 

『ペルシャ絨毯に乗って日本にやってきた』を枕詞に抜群の美貌で人気が急上昇中です。

 

そのオリエンタルな顔立ちと名前からわかるようにサヘル・ローズさんは中東のイラン出身で、生い立ちや過去がかなり壮絶だったとされていますが、実はこれは嘘?という情報も有ります。

 

あとは、年齢は30歳ながらも『彼氏がいたことない』というサヘルさん。
抜群の美女だけにそこもにわかに信じられないのですが、生い立ちと一緒でこれも彼女のタレントとしてのブランディング(=嘘)なのか、それとも単に宗教上の理由なのか、気になるところなので、追究してみました。

 

 

サヘル・ローズの母は?生い立ちが嘘とは一体

サヘル・ローズ

サヘルさんは小さなイランの田舎町出身で13人の大家族の末っ子のようだ。

 

1985年生まれで、当時はイラン・イラク戦争の真っ只中。
家は壊滅、家族も全員亡くなったということで今いる母は実母ではなく養母ということになります。

 

4歳から孤児院で育ち、8歳の時に養母とともに来日して今に至ると。

 

学校ではイジメや2週間のホームレス生活など過酷だったエピソードを度々披露していて、同情の気持ちから応援しているという人も多いのではないだろうかと思います。

 

しかし、そんな過酷・壮絶な過去も『嘘なのでは?』という情報もあって、その発端はあるイラン人からのツイートから。

 

イラン人の間では有名な話を始めて暴露しよう!彼女の本当の父親はイラン大使館の職員。イランはイスラム教徒の国だから、第4婦人までOKだ。それが、日本人女性と父親が結婚したわけ。それで残された母と娘。それだけなのに物語を作った

 

この1件の在日イラン人のツイートからサヘルさんの”経歴詐称”疑惑が広まったわけですが、これは事実だけが淡々と書かれていてそれを裏付けるための根拠が提示されていないために、信ぴょう性がない。

 

もしかしたら、多少の話の”盛り”はあるにしても、苦労されたのは間違いないだろうという認識が大方です。

 

 

生い立ちや宗教が彼氏と関係しているのか

Sponsored Link

2011年に『今まで彼氏がいたことがない』と発言したり、2015年時点でも『久々に異性と交流した』趣旨の発言をしていて、そこの事実関係も視聴者の視点からは気になるところ。

 

こんな美女が異性との交際経験がないという事実、『そんなわけあるかい!…でももしかしてそんなわけあるのかも?』と僕達の興味を引き立てます。

 

イラン出身ということで、宗教はイスラム教になります。

 

イスラム教といえば、異性関係に非常に厳格なイメージがありますね。

 

例えば結婚となると、サヘルさんの未来の旦那さんはイスラム教に改宗しなければならない。
夫婦間で宗教が異なってはいけないというルールもあるようで、男女関係においても大きく影響をあたえる宗教であることは間違いない。

 

しかしながら、サヘルさん自身が厳格なムスリムなのか、というところは正直疑問なところです。
というのも、サヘル・ローズさんの人生の大半はすでに日本で過ごし、文化や風習に関しては日本のものの方に馴染んでいると考えられるからです。

 

これだけの美女が彼氏がいたことがないというのであれば、宗教の影響による個人の精神性というよりは、本当に興味がただ単にないだけ、個人の趣向の問題といったほうが正しいような気がします。

 

 

Sponsored Link