清原和博保釈!条件・保釈金額の基準と身元引受人は誰?金はどこから?

保釈金
Sponsored Link

清原和博被告の保釈が17日にも決まりそうという報道が出ました。

 

保釈になりそうということで、この事件について更に加熱することが予想されますが、ここで気になるところは保釈金と身元引受人、そして保釈金はどこからでるの?ってところ。

 

逮捕直前は仕事がなく、金に困窮していたという報道もあるなか、保釈金は500万円になるという見通し。
そんな大金、清原氏にまだあるんでしょうか?

 

また、保釈っていうのは金さえ払えば出れるってものじゃないんですよね。
保釈されるには以下、大きく5つの条件があるんですよ。

 

 

保釈される5つの条件

清原,保釈

清原被告が保釈金500万円を払えば、17日にも保釈されるという見通しのようです。

 

”保釈”というのは、逮捕、起訴されてから刑事裁判の公判を待つ被告人が身柄を一時的に開放される制度。

 

ここで注意したいのは、保釈金さえ払えば誰でも保釈されるわけではないということです。
以下の条件を満たしている場合のみ、保釈が認められます。

 

  1. 重罪でないこと
  2. 過去に懲役・禁錮刑を受けていないこと
  3. 常習性がないこと
  4. 被害者や証人に危害を与える可能性が少ないこと
  5. 氏名住所が明らかであること

参考: 刑事事件弁護士ナビ

 

清原被告に当てはめると、初犯の覚せい剤所持・使用ということでまず、条件1、2、3を満たしていることになります。

 

『覚せい剤は重罪ではないの?』と思った方も多いと思いますが、ここでいう重罪とは死刑や無期懲役になる可能性があるような罪のことを指しています。
なので、この事件は該当しません。

 

3と4については、時系列的に未来のことになるので誰にも判断できないですよね

 

一般的に覚せい剤の再犯率はかなり高く、常習性があるということが言われていますが、3の常習性についてはこれからわかることです。

 

危害を与えるのも可能性の話なので、現時点で確実性のある事柄ではないですよね。
裁判所の裁量によって判断されると考えていいのではないでしょうか。

 

そして5についてですが、氏名は超有名人ということで、裁判所のみならず国民のほとんどが知っています(笑)
住所は公の情報としては出ていませんが、清原被告が記載した住所が『信用のおける情報』と裁判所が判断したということです。

 

 

保釈金額はどうやって決まる?身元引受人は?

保釈金

ここで気になるのは、『5oo万円という金額はどうやって決まるの?』ってことです。

 

まず、保釈金は払うものではなく、預けるという認識のほうが良いかと思います。
つまり、後で返還されます。

しかし、返還されるにはそこにも条件があります。

 

  1. 逃亡しないこと
  2. 証拠を隠滅しないこと
  3. 裁判を欠席しないこと

 

裁判の結果、有罪になろうが実刑になろうが、主に上の条件・約束を守れば返還されるということなんですね。
もちろん、守らなければ全額没収。当たり前の話です。

 

そして、金額が決まる基準となるのが主に、事件の重大性や前科の有無、被告人の経済力などです。

 

一般的な刑事事件の保釈金の相場は150万円~300万円らしいので、清原被告の場合相場より少し高いということができると思います。

 

ちなみに、同じ罪状で逮捕・起訴された酒井法子も保釈金は500万円ASKAは700万円と言われています。

 

ASKAの場合だけ少し高いですが、おそらく清原やのりぴーと比較して、経済力が上だったということでしょうね。

 

 

身元引受人は?金はどこから?

Sponsored Link

清原被告が保釈されるかどうかというのは、少し前からかなり注目を集めていました。

 

離婚もしていますし、実家の母は認知症、父親も高齢ということで、身元引受人がいないのでは?と危惧されていました。

 

ダルク、NPO法人などが引受人として名乗りを挙げたそうですが、清原被告からの申請はないということで、親族が引受人となるとの見方が強いです。

 

両親が身元引受人になれないという状況でしたが、引受人となる親族がいたんですね。

 

その親族の方と親族に引き取られる清原被告、恥ずかしさと申し訳無さといろんな感情がからみ合って複雑なことだと思います。

金の出所の確実な情報はありませんが、500万円払う財力が逮捕前の清原氏にあったということではないでしょうか。

 

逮捕直前はテレビに少しずつ出演していましたし、CMで見かけることもありました。
また、パチンコの営業の仕事もありましたしね。

 

保釈中の再犯や証拠隠滅などないよう、身元引受人の方はしっかり監督して欲しいです。

 

Sponsored Link