宇多田ヒカル新曲『花束を君に』の歌詞と発売日は?とと姉ちゃん主題歌

宇多田ヒカル
Sponsored Link

宇多田ヒカルさんが約5年ぶりに活動再開ということで、新曲を発表しました!!

 

新曲のタイトルは『花束を君に』。

 

早速歌詞と発売日が気になるところですね~。

 

この曲は4月スタートの朝ドラ『とと姉ちゃん』の主題歌として採用されたこともあり、注目度もかなり高いです!!
どんな曲なのかな~?

 

ドラマの雰囲気にマッチする素敵な作品となったのでしょうか~?

 

 

宇多田ヒカルの新曲は『花束を君に』

宇多田ヒカル

宇多田ヒカルさんが新曲を発表ということで、非常に楽しみですね~。

 

最近お目にかかってなかったんですが、元気にしてたんでしょうか?

 

なんか友達みたいな言い方になってしまいましたね(笑)

 

それもそのはず、なんと5年4ヶ月ぶりの活動再開っていうことですよ!!
その間にお子さんが生まれて宇多田さんがお母さんになったり、宇多田さんのお母さんが亡くなったり、、、といろいろありましたね。

 

そんな久しぶりの新曲のタイトルは『花束を君に』。

 

これから春を迎えるにあたって、曲のタイトルからもピッタリな感じがしますね~^^

 

 

歌詞が気になる!

宇多田ヒカル

さて、そんな素敵なタイトルとなった新曲ですが、歌詞も気になりますねぇ^^

 

ですが、未発売ということで歌詞は今のところ全くわかっていません。

新朝ドラ『とと姉ちゃん』の主題歌として採用されるということですから、ドラマのストーリーから曲の雰囲気くらいは予想できそう^^

ってことで、どんなストーリーなのか調べてみました。

 

戦後の日本が舞台でヒロインの小橋常子(こはしつねこ)は
12歳で父親を肺結核で亡くす。

彼女の家族は母と二人の妹たちの四人家族。
彼女の父は「当たり前の暮らしがいかに大切か」
ということを常子に教えこの世を去った。

常子は父の教えに従い
「父(とと)」となって家族を団結させ
父の代わりに一生懸命養っていくことを決意したのじゃ。
そして、常子は妹たちから「とと姉ちゃん」と呼ばれるようになる。

そして戦後、焼け野が原の東京で常子は
「女のひとたちのために雑誌をつくりたい」
と家族で小さな出版社を設立し
生活雑誌「あなたの暮し」という雑誌を作った。

「あなたの暮らし」の内容は
食べ物も衣服も不自由な戦後の日本でいかに工夫して生活していくか。
という実用的な記事をメインに扱い、
常子たちが生活の中で見つけた知恵をふんだんに盛り込んだ。

しかし、素人だけでの出版社ではうまくいかないことも多かった。
そんなおり、天才編集者花山伊佐次(はなやまいさじ)
と出会い、「あなたの暮らし」はバックアップされ
その実用的な記事は人々の希望となった

引用元http://kado-chan.blog.so-net.ne.jp/2015-06-27

 

 

終戦直後が時代背景ということで少しヘビーな内容かな?と思ったんですが、そんな時代の中でも、知恵をしぼり希望を見出していく主人公の夢に満ち溢れた話、と解釈しましたけど間違っていますかね?(笑)

 

知恵、希望、雑誌がキーワードで前向きになれるようなストーリーのようです。

 

そんなドラマの主題歌ということですから、素敵な明るい曲となりそうです!

 

 

発売日は?

Sponsored Link

さて、そんな”春”を感じさせるような新曲『花束を君に』は上にも書きましたが、4月から始まる朝ドラ『とと姉ちゃん』の主題歌として採用されます。

 

『とと姉ちゃん』のスタートが4月4日スタートということなんで、それ以降の発売になることは間違いないですね。

 

ドラマ放送開始から約1ヶ月後に発売っていうのがだいたいの流れなので宇多田さんの新曲もそれくらいなのでは?という意見がネットでは強かったです。

 

連ドラ放送開始すれば、曲を聞けるのはもちろんのこと、音楽番組に多数出演することが予想されますので、宇多田さんの元気な姿とともに早く聴いてみたいものです~^^

 

新曲とともにドラマも非常に楽しみ!!

 

4月が待ち遠しいですね!!

 

Sponsored Link