月9【いつ恋】原作・ロケ地・脚本は?あらすじと結末予想も?

いつ恋
Sponsored Link

高良健吾さん、有村架純さん主演の新月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』がいよいよはじまります。

 

人気若手俳優の2人が主演ということもあって、このドラマの注目度は非常に高いわけですが、原作やロケ地、脚本などドラマの裏側のところが気になります。

 

また、あらすじを予習してドラマを120%楽しんじゃいましょう~~^^

 

 

いつ恋の原作・ロケ地・脚本

いつ恋

近年ではドラマや映画においてアニメやマンガ、小説の実写作品という場合が非常に多いですが、この新ドラマ『いつかの恋を思い出してきっと泣いてしまう』は完全オリジナルの作品です。

 

つまり、原作となるものがありません。

 

ロケ地は北海道の苫小牧福島県の会津で撮影されているそうです。
北海道と東北ということですから、非常寒い地域であると同時に、自然が豊かな地域でもあります。

 

ドラマの見どころとしては人気俳優2人の演技もさることながら、背景の大自然にも注目ですね。

 

完全オリジナルのこの作品の脚本を担当したのは、『東京ラブストーリー』の脚本でも知られる坂元裕二さん

 

『東京ラブストーリー』では、2人の愛は結ばれず、ハッピーエンドの結末を迎えることなく、”悲恋”っていう印象が強いドラマですが、このドラマもそういった類の結末を迎えてしまうんでしょうか?

 

坂元さん自身も『自分が作るこれが最後の月9ラブストーリー』というくらい熱のこもった作品のようで、ストーリーの展開も毎回心踊らされるようなものになる期待が自然と高まります。

 

 

いつ恋のあらすじ

いつ恋

幼いころに母を亡くし、義父母のもとで育った音(有村架純)。

 

北海道の田舎町で育ち、育ての母の介護をしながら、父の言うことに従順に暮らす毎日を送っていた。

 

もうひとりの主人公、練(高良健吾)は東京の運送会社に勤めている。
運送会社の先輩たちにこき使われ、経済的に苦しい生活を送っている。

 

そんな練にも彼女の木穂子(高畑充希)という存在がいる。
木穂子も練の経済的に困窮した現状は把握していて、練に対してお金を工面していた。
練は困惑しながらも、現状のことを考えると拒絶はできないでいた。

 

そんなある日、練の悪友、晴太(坂口健太郎)が北海道で拾ってきたというカバンの中から『音へ』と書かれた手紙を見つける。

 

『持ち主に返さなければ』と思った練はトラックを走らせ北海道に向かいストーリーは展開し始める。

 

 

相関図と結末

Sponsored Link

次にこのドラマの相関図を見ていこうと思います。

 

相関図に関しては文字で記すよりもやはり画像を見たほうが理解しやすいということもあるので、以下に貼っておきますね。

いつ恋,相関図

上に書いたあらすじに、相関図に載ってある全員のキャストは書いてありませんが、主要キャストは抑えてあります^^

 

まだ始まっていない作品に『結末は?』というのは何ともせっかちな話ですが(笑)

 

この作品は上にも書いたとおり、完全オリジナルの作品のため、結末は大方の予想もできません。

 

ですが、脚本が『東京ラブストーリー』脚本の坂元裕二さんであること、ドラマの雰囲気がどこか哀愁が漂っている感じがすることから、あまりハッピーエンドは期待できないなぁ、と個人的には思っています。

 

同時に、坂元さん自身が『これが最後の月9ラブストーリー』と語るだけあって、ビックリするストーリー展開も十分に予想されますし、過去作品のプロットを当てはめて予想!ってのも、どうもナンセンスかなと思うわけです(笑)

 

『次はどうなるの?』ってモヤモヤしながらドラマを見る(放送を待つ)のも醍醐味ですから、じっくり見ていってこのドラマに酔いしれましょう~^^

 

放送開始が楽しみですね!!

 

関連記事

【いつ恋】浦井健治は彼女と結婚していた?福山雅治と似ている!

 

【いつ恋】永野芽郁の兄と彼氏のタイプが同じ!?出演CMは?

 

月9『いつ恋』の主題歌は手嶌葵の『明日への手紙』!歌詞とPV

 

月9『いつ恋』出演森川葵の坊主がかわいい!歌が上手い?水着画像

 

千葉雄大の彼女は高畑充希?ドラマ出演情報は?身長サバ読み疑惑!

 

Sponsored Link